PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

一番最初に思ったことを少しだけ書きます。


ぶっ飛び考察未満だけど
時間の経過とともに色んな情報を得ても
最初に感じたものが消えないので書いておきます。

マウス画

2月26日にこんなことを書きました。
「しかし今回は妙な感じがします。とってつけたような始まりと言い、ウクライナ当局者の発表ものんびりしてるし、ドンパチ感もなく妙に静かなんです。いつもと時間の流れ方が違う。」

実はですね、プーチンとゼレンスキー(ウクライナ政権)は
裏で手を繋いでいるんじゃないかと思ったのです。
ウクライナがあっさりロシア軍を招き入れているように思えたこと、
ウクライナ軍の動向が全く不明だったこと、妙に静かだったこと、
戦争の感じが全くしなかったこと、
生物兵器研究所の存在がすぐに明らかになったことなどです。
あまりの早さに事前に生物兵器研究所の詳細な情報が
ウクライナ側からロシア側に渡っていたんじゃないかと思ったのです。

チェルノブイリ原発をロシア軍が掌握したときも真っ先に
管理が行き届くから良かったと書きましたよね。
直後にあんなこと書いたの私くらいだと思いますよ。
その後、ウクライナのナショナル・ガードとロシアの共同管理になり
不思議さが増しました。戦争ではこんなことあり得ないから。
どうにも妙です。

両者の共通の利益を考えるとこの二つが浮かびます。
ネオナチの一掃と生物兵器研究所の破壊。

ゼレンスキーの自撮りの多さ、芝居っぽさも気になります。
ロシアを叩いているフリをしているんじゃないかと思うときもあります。
あっち側とこっち側の均衡を取っているようにも思えます。
ただゼレンスキーのことを顔も知らなかったくらいだから
ゼレンスキーなのかそれとも彼の背後にいる存在なのかは判断できません。
ゼレンスキーに力があるとは思えないので
彼のパフォーマンスを見ていると偽デンと重なる感じがします。

過去に例を見ない初めての何かが今おきていると思います。


関連記事

| ぶっ飛び考察 | 01:18 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2022/03/14 08:10 | |

落合莞爾氏の『落合・吉薗秘史 9』
ハプスブルク大公に仕えた帝国陸軍國體参謀 P296 L5〜より

「つまり、八十日戦争は、ハプスブルク大公が神聖ローマ帝国からオランダを独立させようとした八百長戦争であった。これは読者の一般常識では理解しがたいであろうが、わたしがこれまで述べてきたハプスブルク国體の存在理由を知れば、容易に理解できるであろう。ちなみに、米ソの代理戦争であったベトナム戦争も八百長戦争で、ホーチミンの率いる北ベトナム軍に勝利をもたらした最大の要因は、資金難のソ連にアメリカが莫大な資金援助をしたことである。これをわたしは、元ウクライナ大使の馬淵閣下から教わった。」

同著 P302 L10
「大陸渡来のタカス勢力を整理するために起こした八百長戦争の壬申の乱が済むと、」

他にも落合莞爾氏の著書にはいろいろな計画、戦争の裏側が著述されています。

太古よりいろいろ計画されているようです。

| | 2022/03/14 08:45 | URL |

米英の発狂した政治家とメディアがロシアの化学兵器使用の可能性を連呼、ポーランドのドゥダ大統領は、ロシアが化学兵器などの大量破壊兵器を使った場合にはNATOが介入する可能性があると発言。.. NATOを泥沼に引きずり込みたいウクライナのネオナチは鉄砲玉

ある識者は「この長期計画の趣旨は米英に逃れたユダヤとアングロサクソンの同盟がユーラシアのスラブとゲルマンを相討ちにさせること」なのだとか...
宗派や人種の怨恨が重層的に積み重なった最悪の状況を利用して

この計画が発動されればヨーロッパだけでなく中東やアジアにも飛び火





| ??? | 2022/03/14 09:15 | URL | ≫ EDIT


ヨーロッパをイエズス会の指導の下で統一しよう。

中央ヨーロッパをカトリックで統一しようという動き「インターマリウム」。ロシアを制圧し、ヨーロッパを疲弊させ、アングロ・サクソンが世界の覇者になるという狂気の延長線上にあるのが2015年に創設された「三海洋イニシアチブ」。これを推進してきたのがホワイトアングロサクソンとユダヤ傘下のネオコンなのです。

イエズス会、ユダヤ金融資本、アングロサクソンが手を結ぶ構想で
ウクライナは生贄、ネオナチやゼレンスキーやプーチンはチェスの駒
オバマが拒否したウクライナの武装化を強引に進めたのがトランプ
イエズス会の法王選出や英国のEU離脱も計画の一部だったのだろーと
推察してます

連投失礼しやした

| ??? | 2022/03/14 12:01 | URL | ≫ EDIT

バチカンのメッセージ?

ローマ教皇のテーブルクロスチャレンジ
ttps://publish.twitter.com/?query=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Ffuhentetsu2%2Fstatus%2F1503287772152356864&widget=Tweet

 もし最近の映像なら、意味深……。この戦争の土台だと思われているプレーヤーを排除するというメッセージ? だとしたらそれは誰? それとも国? それがネオナチなら、まゆみさんの読み通り!

| ソンナノ宇宙 | 2022/03/14 23:24 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT