PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

アメリカ国民が変わると世界が変わる。


aまゆみ写真 236のコピー

いつもは米国と書くけれど今日はアメリカと書く。
アメリカ国民が変わると世界が変わる。
アメリカ国民が変わらない限り世界は変わらない。

今までこんなこと考えたこともないんだけど、
このアイデアが浮かんだのは
FBIによるトランプの自宅の家宅捜索がきっかけ。

家宅捜索の報道を受けてトランプの自宅には
それこそものすごい数の民衆が集まるか思ったら少なかった。

トランプの人気で考えれば、それこそ共和党の州全体で
人々が立ち上がってもおかしくないのに何もおきていない。

最近のパキスタンを思い出してください。
米国の策略で首相の座から降ろされたカーン首相を支持する人々の数。
国全体から人が集まったようなものすごい数。

トランプの人気から考えれば同じことが起きても、
それこそアメリカ中が燃え上がるようなことが起きても
いいはずだけど、ネットでの怒りの声と
トランプのいつもの思わせぶりな口調だけ。

そんなことを考えながらパソコンを閉じる前に
Satoさんのツイッターを覗いたら似たようなことを書かれていた。
まさか同じようなことを考えている人がいるとは思っていなかったので
とても嬉しい共時性。
違いは私の場合は政治じゃなく国民が変わることです。
アメリカ国民の意識がひっくり返ることです。
パキスタンと同じことがアメリカで起きたらと想像してみてください。
間違いなく世界は変わる。
国単位で考えてはいけないことわかっていても、
それでもアメリカ国民です。


13時間前のSatoさんのツイート。
いいねが4桁ついていて更に嬉しい。

J Sato@j_sato

投票権もないのに米国政治をウォッチするのは時間の無駄だと思っていたが、コロナも💉もウクライナ/台湾も食糧危機も、米国政治がひっくり返ってくれないと変わらないことがわかってから関心が出てきた。日本🐑が目覚めるのを待つより、米国で内戦始まる方が早そうだし。





関連記事

| ぶっ飛び考察 | 13:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT