PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

再々掲:人の本来の在り方は何者でもない


「つながっているこころ」の言葉もそうだけど、
このブログから流行る言葉が多い。

「何者にもなれる」とか、
「何者にもならない」とか、
最近「何者」が流行ってるようだけど、
私のブログの影響?って思ってしまう。

私の知る限りこれを最初に書いたのは私です。
1995年7月5日の夢の体験です。

2010.03.24
人の本来の在り方は何者でもない
https://cocorofeel.blog.fc2.com/blog-entry-4999.html

b0086362_2294415.jpg

・・・・・

15年~20年ほど前に見た夢なんだけどノートにはこう書いてある。

追記
夢日記を確認したら1995年7月5日(水)となってました。
ここに載せたのは夢日記とは違うノートです。
夢日記では幼児となってます。



赤ちゃん

時間



何者でもないものから
時間(思考)によって
私というものが
出来ていく様子を
私がみている

人の本来の在り方は何者でもないところにある



以前も書いたけれど、
『人の本来の在り方は何者でもない』は
以前本のタイトルに使ったことがあります。


赤ちゃんの頃の私の頭の中を大人の私が赤ちゃんの斜め上からずっと観察していた。
(夢の中でもう一人の私が私を観察するときはいつも斜め上。)
もうかなり経過したので詳細は覚えてないけれど、何者でもない頃は至福でした。
名前を与えられ、他者との区別を知り、所有を知り、私というものが出来ていく過程をみていた。

・・・・・


元になった夢日記ではこう書いています。

1995年7月5日(水)

幼児の頃の
私が
何かを考えている

そして
その幼児の頃の
私の
頭の中を
見ている 今の
私が居る

”私”というものが
出来ていく途中?


じゃ、その私って誰?を書かなきゃね。



関連記事

| 日記 | 20:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT