PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

そろそろ歯の再生ですか? 追記:来年6月からヒト試験


実現は速そうです。
来年6月からヒト試験が始まるそうです。

Phenax@Be2SiO4_

「 歯を生やす薬 」

九月にも記事を読みました。
「先天性無歯症」の子どもたち、
そのご家族にとっての希望ともなりますように

https://sankei.com/article/202309
GAyJgMPbkAAhmfZ.jpg

アーロン大塚@AaronOtsuka

大阪の北野医学研究所病院の科学者チームは、近い将来、歯を成長させる薬を現実のものにしたいと考えている。最近の有望な動物実験に続き、同グループは来年からこの薬の小規模なヒト試験を実施する予定。すべてが順調に進めば、この治療法は10年後には一般の人々に届く可能性がある。

この実験的な治療法はUSAG-1として知られるタンパク質の作用をブロックするように設計された薬。数年前、研究チームは、USAG-1を産生するのに必要な遺伝子を欠損したマウスが、余分な歯を生やすことを示す研究を行った。彼らの研究は、USAG-1が他のタンパク質と相互作用して歯の成長を抑制するようであることを発見した。そして最終的に、彼らは、これらの相互作用の1つを安全にブロックし、他の場所に危険な副作用をもたらさない抗体を見つけたようである。

https://science.org/doi/10.1126/sc

https://twitter.com/AaronOtsuka/status/1732732874384900408




関連記事

| ニュース  | 22:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT