PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

「空気の電気伝導率には心理状態が転写されている」


身体と電気の関係の
ツイートをよく目にするようになった。
良い傾向。

これは面白いですね。
すごくイメージしやすい。

「生体の周りを取り巻いている空気の電気伝導率には心理状態が転写されており、この傾向は湿度が高いほど顕著である

これを読んですぐ浮かんだのが、
沖縄の言葉にできないあの独特の空気感。
これがあるかもしれない。

沖縄は湿度が高い。
そして電気エネルギが強い。

「空気の電気伝導率に心理状態が転写されている」で
霊的をイメージしませんか?

今村光臣@dCNZ85zXLoaQNkR

「皮膚の表面は電気的、機械的に振動している。電気抵抗を計ってみると経穴はその周囲の皮膚よりも百分の一程度、電気抵抗が低い。空気の中には相当程度の電気がチャージされており、また水分も含んでいるので気というものは、経穴から人体内に入りこんで脳に信号を伝えるのではないかと考えられる。↓

https://twitter.com/dCNZ85zXLoaQNkR/status/1760077745558847681

GG0NYEEbcAA5BVz.jpg
GG0NYEDbkAA3RDS.jpg

脳の信号はイオンパルスという電気信号だから、その可能性は大きい。セルゲイエフらは生体の周りを取り巻いている空気の電気伝導率には心理状態が転写されており、この傾向は湿度が高いほど顕著であると報告している。筆者らの測定によると治療師が手をかざした水は約20%も電気伝導率が増加していた↓

GG0Ow_jbgAAt59v.jpg

一般に気は蒸留水に吸収されやすいので、気を介して生体と空気間に交流があるのではなかろうか(電気通信大学教授 佐々木茂美)」

植物は葉の気孔で、昆虫はお腹の気門で、カエルは皮膚で呼吸をする。人間は皮膚で呼吸はできないが、そのかわりに皮膚に存在するツボで気、或いは電気を呼吸するのか。

https://twitter.com/dCNZ85zXLoaQNkR/status/1760082720649273399


皮膚呼吸という言葉があるように
皮膚でも呼吸はしているでしょう。
皮膚に限らずどこでも呼吸している。


関連記事

| こころとからだの健康/アーユルヴェーダ/ホメオパシー | 22:03 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2024/02/22 11:14 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT