PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

何をすべきか


http://pds.exblog.jp/pds/1/200909/24/62/b0086362_1394586.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


マヨさんが別ブログで八ッ場ダムのことに触れているので私も少し書いておきます。


例の著名弁護士と生まれてはじめて市民運動をしたときに、
絶対知ることのできない多くの実情を知り驚きの連続と同時に
どうやれば市民の声が実現するかを学んだ。
霞ヶ関にも同行して目の前で官僚とやりあうシーンもみてきた。
やりあうというよりも省庁のフロア中に響き渡る大声で弁護士が官僚を一括した。
皆さん、仕事しながら耳を澄ましていた。
まるで裁判映画のようなシーンに体が震えた。

この弁護士のダム建設反対にも少し参加したことがある。(後に建設中止に。)
なので少しはダムのことも知っています。


八ッ場ダムに戻ります。
”ダムが7割出来たんだから、今更止めるわけにはいかない。”
7割済んだ、進んだというのは投資したお金のことであって、工事が7割終ったわけではない。

そこをきちんとマスコミは伝えなくてはいけない。

そしてこれは、住民の声ではなく利害が絡む人間の声。
ダム建設には最初地元は反対だったそう。
途中から賛成にまわったということはそこに大きなお金が動いているはず。

マヨさんの記事に、現地をみてきたというAKさんがコメントされていたけれど
工事の進み具合は10%程度だそうです。(AKさん、勝手に紹介させていただきました。)
このまま続けるととてつもなく膨大なお金がかかるのは間違いない。
工事中止に反対しているのはどういう人たちか、想像つくでしょう。

マヨさん家で紹介されていた
八ッ場ダム、とめどなく溢れる思考停止報道(保坂展人のどこどこ日記)
http://www.asyura2.com/09/senkyo71/msg/793.html


前にも書きましたが、
80年代にチェルノブイリ事故で原発に興味が出て勉強しました。
このとき知ったのが、原発を一基作ると当時のお金で300億円が議員に入るとありました。

勉強と同時に行動しました。
伊方原発での低出力実験のときは直接現地に抗議電話をかけたり、
NHKの原発特集番組放映中に電話をかけて担当者に抗議したこともあります。

ただ抗議するのではなく専門的なことを勉強してから抗議する
建設を進める側よりも勉強する、
決してお願いという言葉は使うな、
これはその弁護士に学びました。
だから伊方原発の人には専門家ですかと言われたほどです。
(いまはまったく覚えていませんが。)

湾岸戦争のときはアメリカ大使館に電話を掛け大使秘書に抗議しました。
大使秘書は丁寧にしっかり聞いてくれ大使に伝えると言ってくれた。
直後にアメリカが突然、戦争終結宣言し、戦争は終結、友人と大喜びしました。
この電話で戦争が終結したというよりも、何か見えない回路がつながったのだと思いました。

いきなり見ず知らずの人間が大使館に電話して
大使秘書(大使は留守でした)が出ること自体、あり得ないといわれました。

イラク戦争のときは報道や国の対応に腹が立って
全マスコミ、首相、防衛庁あてにメールを出しました。

もちろんいつも本名です。
この本名で得してるのかなと思うこともあります。

もっともっと多くのことを一人でしてきました。
(時々yasuさんを巻き込んで)
ハガキや電報、ファックスなども使ったことがあります。
集団行動が苦手な私はこうやってきました。

私がしたこれらの行動は一人でも出来ますよね。
私がいつも言ってることはこういうことです。

昔から言ってることだけどたとえば一千万の人が
ハガキにNoの言葉を書いて国のトップたちに送ったとしましょう。
絶対、国は動きます。
行動しないと駄目です。

自分の好きなやり方ですればいいです。
私は最近は配信からブログに変わりました。
日常では祝詞です。
意識です。



追伸
「八ッ場あしたの会」
http://www.yamba-net.org/

八ッ場ダムについて流されている情報の誤りについて

八ッ場ダム事業について、関係各都県の知事や国土交通省から主に
次のような情報が流されていますが、いずれも事実に基づくものではありません。

I. 八ッ場ダム事業は継続したよりも中止した方が高くつく。
II. 八ッ場ダムはすでに7割もできているので、今さらストップできない。
III. 八ッ場ダムの暫定水利権がダム中止に伴って失われる。
IV. 大渇水到来のために八ッ場ダムが必要。
V. 八ッ場ダムは利根川の治水対策として重要。



更に追伸
そういえば、その弁護士は
林道やダム建設の話を進めようとするとき、
下に住む下流に住む住民を人質にとるんだ、と言ってました。



関連記事

| 未分類 | 13:17 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

とても納得いく記事でした。一人での行動、意識がすべての始まりですよね。まゆみさんの積み重ねてきた行動が生み出したパワーというものにも改めて納得させていただきました。

| キキ | 2009/09/24 14:01 | URL | ≫ EDIT

キキさん

長年の行動があってのブログでの発言ということが、伝わってよかったです。

| mayufuru | 2009/09/24 14:18 | URL | ≫ EDIT

まゆみさん、ありがとうございます。まゆみさんはうまくまとめますね、見事です。このまま中止になっても、あるいは再開されても住民の間の利害の対立は元には戻りません。まったくひどいことをしたものです。このような工事をするから公共工事は悪いものという意識が定着するのですね。まだまだ本当に必要な工事はいくらでもにあるのに・・・。

| mayo | 2009/09/24 14:29 | URL | ≫ EDIT

マヨさんこそまとめるのが上手です。わたしはつい文章が長くなってしまいます。

どこでもそうですが、公共工事でよく住民がもめて仲たがいしますよね。人間を刺激するのでしょうね。

| mayufuru | 2009/09/24 14:51 | URL | ≫ EDIT

今、一人でたたかっているので
こころが折れそうになるときがありますが、
まゆみさんに勇気をいただきました。
ありがとうございます。

| ゆーり | 2009/09/24 19:08 | URL | ≫ EDIT

ご紹介頂き恐縮です。
ダムということで、調べるうちに、国土交通省の欺瞞を感じています。
ダムの計画は最終的には国土交通省が発注する形となるのが一般的ですが、過去には群馬県の沼田町という町もダム計画によって水没しそうになり、住民運動の反対によってダム建設を免れたという経緯があるようです。
他にもこのような経緯を持つ建設中止ダムは存在するでしょうが、そもそ計画者が、事前に地元住民との調整無しに計画をした、していることは今も昔も変わりないと思います。
計画者による「まずダムありき」という目線は特定の誰かへの利益誘導なのだろうという構図を考えました。おそらく「トンネル」、「バイパス道路」なども類するものがおそらくあるのでしょう。
中止になるようなダムを計画する時点で、なんらかの責任問題にするのが普通だと思うのですが、計画者が責任を負ったという話は一つも聞きません。
政権にはそのような欺瞞の仕組みを解体して頂く作業もお願いしたいところですが、まずは今回の騒動を見守りたいと思います。

| AK | 2009/09/24 20:49 | URL | ≫ EDIT

ゆーりさんのお役に立てて良かった!

| mayufuru | 2009/09/24 23:26 | URL | ≫ EDIT

AKさん、こちらこそ勝手に載せさせていただいてありがとうございました。

>特定の誰かへの利益誘導なのだろうという構図を考えました。

はい、その通りだと思います。
例の弁護士が当時、怒って言ってましたが、林道もノルマがあって地図上で適当に線を引いて作るそうですよ。凄いでしょ!

何かで失敗しても公務員だから許されるのです。責任がないから好き勝手できるそうです、民間の会社なら首が飛ぶと、弁護士が言ってました。

| mayufuru | 2009/09/24 23:29 | URL | ≫ EDIT

「八ッ場ダム」の件は私も気になっていたので、有難うございます。
いつもの事ながら、報道は偏っているし浅いしでもやもやしていたんですよ。
「八ッ場あしたの会」の方々の想像もつかない根気と愛ある姿勢に熱くなりました。
まゆみさんの行動にも頭が下がります。

前原国交相には心強い資料になることでしょうねー。
ttp://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009092400750
八ツ場ダム、粘り強く話し合いを=平野官房長官、前原国交相に指示
 平野博文官房長官は24日、前日に行った八ツ場ダム建設予定地(群馬県長野原町)の視察結果を首相官邸で報告した前原誠司国土交通相に対し、地元自治体や住民が政府の中止方針に反発していることを踏まえ、「現地の方々の立場に立って、粘り強く話し合いを続けるように努力してほしい」と指示した。 
 前原国交相は面会後、記者団に対し、中止の方針に変更はないことを改めて示した上で、「真心を尽くして話し合いを続ける。内閣全体として同じ気持ちを共有してもらっていると思う」と述べた。

| まるちゃん | 2009/09/25 00:17 | URL | ≫ EDIT

なんという行動派・・・!!

頭がさがります。

手段はなんであれ、きっかけはなんであれ、
相手の心に響けばいいんですね。

それが相手に変化をもたらすことができれば・・・。

たとえば、これから5分後に銀行強盗をしようとしている人が
ふと子供が笑顔で走っているのを目にして、(その時間わずか2秒)
その光景が強盗のハートになんらかの影響をおよぼし、
銀行強盗をやめちゃうことだってあると思います。
戦争だってやめちゃうかもしれない・・・。

実際イラク戦争やめちゃったのは、まゆみさんの想いもなんらかの影響していると思います。

| 緋雲 | 2009/09/25 00:19 | URL | ≫ EDIT

まるちゃん、例の弁護士が弁護士会でも有名な一匹狼だから、それを受け継いでいるのかも。
だからその弁護士はもともと市民運動というものが嫌いな人で、運動が好きな人って、止めることが目的じゃなく、運動することが目的になっているといってました。だから運動の仕方で内輪もめするんですって。その間に相手はどんどん進んでいって気がついたらもう終わり。

| mayufuru | 2009/09/25 11:10 | URL | ≫ EDIT

緋雲さん

行動派なのかどうかわかりませんが、一人でするのは簡単ですよ。目の前の電話をとるだけです。病気でも出来ます。大勢だと面倒ですよね。

相手の心に響いてるかどうかも全然考えてないですね。こういうところ天然だから。

| mayufuru | 2009/09/25 11:12 | URL | ≫ EDIT

8月の終わりに群馬へ旅行した際の帰り道に八ッ場ダムの工事現場を通りました。
無知な私は、なんかニュースで見たことのある名前だなと思った程度だったのですが、ここ最近毎日のように名前を目にするようになり、
あの時に見た腰が抜けるほどの高さがあった橋げたのようなものがダムの一部だということを知り主人とびっくりしてしまいました。
その事を知ったときに主人が
「ダムに沈む道を走ったんだね」
とボソリとつぶやきました。
その一言を聞いた瞬間、ゾッとするというか深い悲しみでいっぱいになるというかなんとも説明できない気持ちになりました。
山間のとっても素晴らしい景色の中に突然大きな人工的なものがどーんとそびえ立っている様は異様でした。
あの場所がダムに沈むなんて考えたくも無いです。
恐ろしいことです。

| 圭 | 2009/09/25 21:00 | URL | ≫ EDIT

圭さん、ダムに沈む道を走られたんですね。
感慨深いですね。
写真でみてもあの高さは異常ですよね。

| mayufuru | 2009/09/25 21:31 | URL | ≫ EDIT

暫く眠っていましたが起きても良いかなと思いました
ありがとう

| naru | 2009/09/26 06:24 | URL | ≫ EDIT

naruさん、おはようございます。

| mayufuru | 2009/09/26 12:05 | URL | ≫ EDIT

前の記事にコメントですみません。 
私、過去記事も殆んど読んでいませんし(ごめんなさい)、考察が面白くて時々コメントさせて頂いています(写真はとっても素敵でした♪)が、この記事でまゆみさんの見方が変わりました。 
頭では考えていても、中々行動には移せる物ではありません。(特にインターネットへのHNでのコメントとは雲泥の違いだと思います) 
私も出来ることから行動・・・と考えています。 出来ることは電話一本、FAX一枚からですよね。 本当に頭が下がります。 
そして考察だけでなく、記事の中で時事のリンクも私にとっての大切な情報源となっています。 感謝。
まずは、地元のダムと警察の態度の悪さかな・・・(苦笑) 言っても無駄だと諦めていたり、自分一人の力なんて・・・と、弱気だったり。 警察に文句を言って逆恨みされてもなぁ~って考えたり。 頭に浮かぶのは「言い訳」ばかり・・・。
やっぱり、まゆみさんは凄いですょ。

| chaico | 2009/09/26 18:12 | URL | ≫ EDIT

chaicoさん、こんばんは。

記事読んでなくてもいいですよ。

>出来ることは電話一本、FAX一枚からですよね。

はい、そうです。

昔、まだ多くの人が環境について関心がなかったころに、環境に良い石鹸を探して洗濯していたとき、ある人が、一人でそんなことやっても意味がないというので、私は一人分、川がきれいになればいいと返事しました。

| mayufuru | 2009/09/26 23:33 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://cocorofeel.blog.fc2.com/tb.php/2669-3ae0b8f7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT