PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

ニュース

外出先から自宅に戻るときに道を尋ねられ
説明するのが面倒だったので目的地まで連れていってあげた。
道すがら、何か話をしなくてはいけないかなと思いつつも
何処から来たのかと聞くのも失礼だし、何も話さないのも失礼だし
何とか少し会話をしたら、沖縄の人でした。(笑
内地の私が沖縄の人を案内してるんですね、といったら大笑いしていた。

さっきね、とっても嬉しいことがありました。
忍者さんからコパイバに関する驚くほど嬉しい結果報告があったのです。
私まで嬉しくて目がウルウル。コパイバは凄い!


さて少しニュースを。

関東地方は雨で凄いことになってるようです。
甲信越に大雨、雷、突風警告も出てます。
お気をつけて。


ハヤブサ

「はやぶさ」0・01ミリの粒子2個確認


世界初!シロアリの「女王フェロモン」特定 駆除へ成果
『岡山大大学院環境学研究科の松浦健二准教授(社会生物学)らのグループは、ヤマトシロアリの女王が他の雌に生殖活動させないために分泌している「女王フェロモン」の成分を世界で初めて特定した。人工的にフェロモンを生成すれば繁殖を防ぐことができ、新たな駆除方法につながる成果。6日付米科学アカデミー紀要電子版に発表した。 階級社会を形成するシロアリは巣の中で王アリと女王アリの「一夫一妻」で繁殖する。現役の女王アリが死んだり繁殖が難しくなると別のアリが女王になるが、それまで他のアリは生殖活動をしない。女王が何らかの揮発性物質で存在を知らせて抑制していると考えられていたが、物質の成分は解明されていなかった。  松浦准教授らは日本で最も一般的なヤマトシロアリの女王を大量に採取して瓶に入れ、・・・』

他のアリは生殖活動をしないというのが興味深い。
凄いシステム。


ウミガメ

小田原の海岸でウミガメの卵見つかる、「今度は無事に」/神奈川

これは良いニュースですね。
地震が続いた去年の8月に小田原に行ったことが思い出されます。



潮干狩り場の放流アサリ、大半がチヌ?の餌食に (読売新聞)

チヌに食べられたんだったらいいんじゃないかな。


醍醐寺「唐門」

醍醐寺「唐門」、建立時の姿に=京都
『京都市伏見区の醍醐寺三宝院の国宝「唐門」の修理が終わり、6日、通り初め式が行われた。唐門は黒漆塗りで、扉にある菊と桐の八つの紋に金箔が施され、慶長4年の建立当時の姿がよみがえった。上は修理前=同寺提供【時事通信社】 』


祇園祭

祇園祭・山鉾の懸装品、200年ぶり新調
『・・・前掛(縦1・25メートル、横1・75メートル)は、16世紀後半にベルギーで作られたタペストリー。イルカに乗る妖精など、古代ギリシャの叙事詩「イリアス」の一場面が織り込まれている。後掛(縦1・45メートル、横1・75メートル)は17世紀の中国の装飾用の布地に金糸で龍の図柄が描かれている。・・・』


「泰平の眠りを覚ます…」は黒船来航直後の作 書簡発見
『ペリー艦隊の黒船が横須賀・浦賀沖に来航した嘉永6(1853)年6月当時の江戸幕府の混乱ぶりを風刺した狂歌「泰平の眠りを覚ます上喜撰(じょうきせん) たった四はいで夜も寝られず」が、黒船来航直後に詠まれたことを示す書簡がこのほど、東京都内で見つかった。この狂歌は関連史料が明治時代までしか、さかのぼれなかったことから「明治人の作ではないか」との説が10年ほど前から出され、最近ではほとんどの教科書から消えていた。発見者は、新史料によって旧来の説が正しかったことが裏付けられたとしている。・・・』


関連記事

| 未分類 | 20:55 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

京都山科の醍醐寺の唐門ですが、
まあ、趣味の悪いたわけた門でした。さっきニュースでやっていました。

豊臣の家紋と菊の紋の大きなこと、派手好きな秀吉好みか何か知りませんが、よくあんな物を復刻させたと思いました。

| | 2010/07/06 21:03 | URL |

女王アリのニュース、すごく面白いですよね。
そして不思議です。
別のアリが女王アリになるとき、
もちろん一匹しかならないんでしょうけど、どうやってある一匹が女王アリになるんだろう?
って昨日ニュース聞きながら考えてました。

| 瑠奈 | 2010/07/06 21:18 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます。

龍さん、写真だでも悪趣味はわかりますね。

瑠奈さん、最初の女王蜂はどうやって決まるのでしょうね。

| まゆみ | 2010/07/07 11:39 | URL |

女王蜂も不思議ですよね。というか、蟻や蜂の生態がとても不思議。
どうして同じ種なのに女王だけ極端に大きいんだろうとか、女王が単独で巣を作るというところとか、卵を産めるのは女王だけとか。

最初の女王はどうやって決まるのか。
とても気になります。どうやって調べたらいいのか
わからないけど調べてみようかなあ。

| 瑠奈 | 2010/07/07 13:54 | URL | ≫ EDIT

「泰平の眠りを覚ます上喜撰(じょうきせん) たった四はいで夜も寝られず」

この句は当時の日本の混乱振りを活写した名句だと思います。ある意味、現在の日本の社会もこのころとまったく変わっていないんじゃないかと思っています。

| ぽぷら | 2010/07/07 16:56 | URL | ≫ EDIT

R物質とかR因子について調べると女王蜂の秘密が解ると思います。

| あれこれ | 2010/07/07 17:20 | URL |

ぽむらさん

そうですね、同期しているから見つかったのかも知れませんね。

| まゆみ | 2010/07/07 19:45 | URL |

仕組み自体はある種のモグラにも見られるものですね。
同じ昆虫でも蜂はまた違った方式を使っています。

どちらにせよ原因因子が解明されれば仕組みの詳細が解明されるのでしょう。

| 珪素 | 2010/07/08 19:18 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT