PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

海外のニュースから、「ボース・アインシュタイン凝縮」って何?


28日、ジョージア州西部の3つの郡の住民からミステリーブームの報告。
都市中の人々は轟音を聞いたけれど、彗星でも隕石でもない。


101124143407.jpg
まったく新しい光源の誕生のニュースです。(英語)

ドイツのボン大学の物理学者たちがアインシュタインの予言した
実現不可能と言われた「ボース・アインシュタイン凝縮」光子から
まったく新しい光源を作り出すことに成功したそうです。

「ボース・アインシュタイン凝縮」って何?
ということで、わかりやすく書かれた日本語のサイトをみつけました。

◇ボース・アインシュタイン凝縮について(2001年度ノーベル物理学賞受賞)

上のサイトでも説明されていますがボームの全体運動とよく似ています。
以前書いたものをまたまたアップします。

『プラズマの実験中に、プラズマの中に入った電子は固体としての動きを止め
まるで大きな全体の一員になったかのような行動を始めるのを、ボームは発見する。
まるでアメーバのような有機的なプラズマに衝撃を受けたボームは
「電子の海が生きている」と感じることがよくあったと語っているそうです。』



article-1332379-0C350FA4000005DC-692_634x405.jpg
宇宙で最も明るい『スターバースト』が観測されたようです。(英語
この星の爆発は二つの渦状銀河の衝突によって引き起こされたそうです。



関連記事

| 科学/電気/エネルギー | 20:56 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/11/29 21:31 | |

Re: 視覚的

> 高い振動数なれば、成るほど視覚的にみえないそうです。

はい、それはわかってます。

> 合金においてもそのようです。
> 衝突もないようです?
> 引力の強さだけみたいです。
> 机上での勉強中ですのでごめんなさい。

なるほど。

> 触覚は信頼性があるようです。

これに関しては前に記事にしました。 たしか読まれましたよね。一応リンクしておきます。

世界の認識その2
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-1338.html
世界の認識その3
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-1347.html

>ある意味ブログの書き手と読み手は視覚が有りませんから

そうは思いません。
視覚のことは前に書いたように50%は脳がみているわけだから、ネットといっても結局はパソコンの画面上でそれこそ目でみているんじゃないでしょうか、日常の場合は目でみていても相手の表情、仕草、動きをみていますよね、そしてその場の雰囲気とか色んなことを感じていますよね。

| mayufuru | 2010/11/29 23:21 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/11/30 02:55 | |

Re: 角

追伸です。

日常とは別の顔が見られるのはネットでしょうね。顔が見えないから、HNだから、普段言えないことを言うタイプの人がいるようですね。悲しい人生です。私はこういうのは嫌いです。顔がみえないからこそマナーが気配りが大切だと思います。

あっ、来年は2011年でしたね。

| mayufuru | 2010/11/30 20:41 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT