PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

さまざまな水の性質(1)


ヴィクトル・シャウベルガー
ヴィクトル・シャウベルガー


●蒸留水

「物理的、科学的にもっとも純粋な水の形態とされる。自らが成熟するのに必要なあらゆる物質を引き寄せる性質があり、届く範囲にあるものすべてを吸収する。この水を長期間にわたって飲み続けることはきわめて危険である。「クナイプ療法」は短期的な治療効果を得るために蒸留水を使うが、この療法は、体内に過剰にたまった特定の物質を排出するよう作用する。」(「自然は脈動する」ヴィクトル・シャウベルガーの驚くべき洞察 アリック・バーソロミュー著より)


ヴィクトルはこの水を「幼い」水と呼んだそうです。
赤ん坊のように手の届くところにあるものを何でもつかんでしまう
この幼い水だけを飲み続けると人は衰弱し、やがて死んでしまうそうです。
水が体内からミネラルと微量元素をしぼりとるから。

玄米のフィチン酸とよく似ていますね。
純水ですぐ思い浮かぶのがカミオカンデの超純水。
スーパーカミオカンデの検出器のタンクには5万トンの超純水が入っています。
それでニュートリノをつかむのでしょうか。

次回は雨水です。



関連記事

| 未分類 | 00:34 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/11/29 19:23 | |

玄米のフィチン酸は、小麦にも含まれていて、確か玄米より多いという記述がありましたよ。穀物には普通に含まれてるようです。玄米やその他穀物のフィチン酸は放射性の重金属も排出してくれるので放射にはいいと。クナイプ療法の蒸留水も、放射性の金属の排出にはいいんでしょうね。フィチン酸は、余分なミネラルを排出してくれるけど、とりすぎはいけないというだけで、あとは体は自身を恒常に保つ働きで適応していくんじゃないだろうかとおもいますよ。うちは家族が苦手なので玄米と白米を1対1にしてます(これはお勧めです)けど、私は白米が嫌いなので全玄米が好きですね。

| 蒼 | 2011/11/29 20:06 | URL |

Re: 「e-water」

まったりとさん、そうでしたね。 「e-water」で水を書いていました。

| mayufuru | 2011/11/29 22:02 | URL |

Re: 蒼さん

> 玄米のフィチン酸は、小麦にも含まれていて、確か玄米より多いという記述がありましたよ。

玄米より多いとは初耳です。また調べてみます。小麦の全粒粉ということでしょうか。

>フィチン酸は放射性の重金属も排出してくれる

はい、重金属、農薬、脂肪、水分なども排出します。

>フィチン酸は、余分なミネラルを排出してくれるけど、

余分のミネラルだったらいいですが、ミネラルを排出すると聞いてます。

16年間、玄米(一日2食のうち1食)を食べてきた体験で、これからは発芽させてから食べることにします。

| まゆみ | 2011/11/29 22:08 | URL |

加熱するとフィチン酸の作用が弱まるらしいですね。玄米も炊くとそうなのかな。フィチン酸は、抗ガン作用があるとか糖尿や、高血圧によい、活性酸素やフリーラジカルがDNAを傷つけるのを防止する老化防止とあるので、一方ではよい薬みたいですね。危険視しないで使い分けしたらいいそうです。ですから毒を排出したいときは吸水させない玄米、それ以外普段は、吸水時間をおいた玄米、発芽玄米というのがいいみたいですね。全粒小麦を食べるときもフィチン酸を中和するために、水につけてふやかす、発芽させる、サワー醗酵させるといいらしいです。この中和というところがポイントで、アルカリや酸性に傾いてるものは、中性に近くするのがいいみたい。果物なら、熟すまで酸っぱく、辛くなくなるまで待つという風に。フィチン酸やら何々酸の問題も同じみたいです。酸っぱいもの、辛いもの食べたくなったらバランスなので食べたらいいですね。放電、電磁流や渦が中和、混ぜる、形成の働きなのと、果物の熟する、できるのとは同じ。

| 蒼 | 2011/12/01 14:14 | URL |

Re: 蒼さん

昨日初めて発芽玄米にして炊いてみました。16時間はつけておきました。今夜二度目を仕込みます。

| まゆみ | 2011/12/02 21:45 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT