PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

「ケムトレイルとは何ですか」



ケムトレイルのチャネリング詩の内容を一部伏せて公開します。
詩集には全文載せる予定です。
ごいんきょさんによれば、「ケム・トレイル」がウィキペディアに載ったようです。


http://pds.exblog.jp/pds/1/200801/29/62/b0086362_14375967.jpg',320,240,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


「ケムトレイルとは何ですか」


それは呼応するものである
それは呼び覚ますものである
水の中に含まれているもの
酸素の中に含まれているもの
○○の中に含まれているもの
電場の中に含まれているもの

ゆっくり呼び覚まし
増え続け、増大するものである

透明な中に含まれているものに
○があり、○があり、○○がある

笛吹き王子にならぬよう気をつけること
邪なものにひっかからぬこと
そっくり持ち帰りよく考えること
最もな理由はなきにしもあらず

コロコロ変わる返事に耳を貸さぬこと
○を呼び覚ますものに含まれるものは何か
そこをよく考えてみるがいい
ことごとく打ち鳴らすものの中に
含まれるものをよく考えてみるがいい
計算高い考えの中に含まれるものは
何を意味するか
それは本当に其処にあるのか
何を示しているのか
何を学ぶべきか
コロコロと変えてはならず
○○されるものは
○○するものを含む

片言の意味が示すもの
カタカタの音が示すもの

ようそろ
ようそろ

原子核の中に含まれる

ようそろ
ようそろ

一々訊かずとも
すでに見えているであろう

爆弾の中に仕込まれているもの

ようそろ
ようそろ

点々と連なる星の爆発
中性子の意味するもの
ところてんのように押し出されるもの
ゆっくり押し出てくるもの

ようそろ
ようそろ

すでに時は過ぎたり
すでに島は見えたり

ようそろ
ようそろ
そろいもそろって
ようそろ
ようそろ



2008/01/20 (日)
関連記事

| 未分類 | 14:38 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

まゆみさん、こんにちわ。

飛んでると思うのですが、勝手な解釈です。
前からある直感ですがどこかに狼少年が混じっていると思います。後から狼少年に知らず知らずなっているものもいるかもしれない。太鼓の音に引かれて、何だろうと集まって、情報交換している状況ですが、惑わされるなと受け取りました。また、そういう心構えで全ての情報を受け取っていました。陰謀の情報が色々流れていますが、それは、だいたいあっているようで、本質からはずれている。下の川に流れる陰謀説が広まり、時は熟した。足並みが揃ってきた。さて、自ら飛び込んで芽を育てようと栄養(情報)を蓄えるが、違うほうへ背中を押しているのは実はケムトレイルと共鳴する私たちである。耳を澄ませよ。本質は自分の中にあると分かっているはずだ。核は自分にこそあるのだから。


| kei | 2008/01/30 11:05 | URL | ≫ EDIT

まゆみさん、何か違うなと思ったら削除してくださいね。それと、BBSでイルカの投稿をした後に、これはここでいうことでは無いなと思い直して、削除しようとしたのですがやり方が分かりませんでした。そのままにしてしまって申し訳ありません。最近、夢見や体感がざわついて、落ち着きません。

| kei | 2008/01/30 11:21 | URL | ≫ EDIT

keiさん、こんにちは。

チャネリング詩の私なりの解釈は一切書かないようにしていますが、keiさんの受け取り方だから全然構わないですよ。面白いなと思います。ケムに関しては通常言われている以外の別の秘密が隠されているような気がして、それがずっと消えないので訊いてみました。メッセージを受け取った印象ではやはりそう思います。狼少年はどこにでもいるでしょうね。

イルカの記事にレスがついてるので削除しないで置いておきますね。削除ですが。投稿するときに投稿KEYを入れますよね。削除したいときや書き直したいときは一番下に「投稿KEY 」「編集・削除」がありますよね、そこで出来ます。出来ない場合は私のほうでやりますから遠慮なく言ってください。

| mayufuru | 2008/01/30 12:41 | URL | ≫ EDIT

どんなチャネリング詩になるかドキドキして待ってました。うーん、頭の中に絵は出ました。いろいろな解釈ができると思うけどそこがチャネリングなんだろうな。ありがとうございました。○は自分で埋めます。

| mayo | 2008/01/30 15:20 | URL | ≫ EDIT

まゆみさん、こんばんわ。

ありがとうございます。こういうことは心に留めた方がいいのかな、とか色々考えました。ケムで、いんきょさんが探してきて下さった情報は、それはそれとして空や空気や雲に聞いてみても、何かが違う、もっと見てごらんと言っている気がしました。改めて、ケムのチャネリング詩を読み返すと違った感じ方をすると思います。
BBSの削除の仕方、分かりました。ありがとうございます。


| kei | 2008/01/30 19:43 | URL | ≫ EDIT

keiさん、こんばんは。

チャネリング詩の面白いところは読むたびに印象が変わることです。先日も地球を読み返したら美しくて自分でも驚きました。だから思いついたときに読み返してみてくださいね。いつもコメントありがとうございます。

| mayufuru | 2008/01/30 20:01 | URL | ≫ EDIT

まゆみさん、こんばんは。

 素朴な疑問なのですが、チャネリング詩は受け取る人によって、やはり違う表現になるものなのですか?チャネリング詩そのものの解釈はその時々で人それぞれだと思うのですが・・・とふと思いました。
 まゆみさんが、受け取ったからこそ、こういう詩になるのなら面白いなと思います。詩や芸術は、可能性の一瞬の顔、もしくはとびらを捉えて表現したものと思うのですが、チャネリング詩もそんな印象を受けました。読み返すたび、鏡のように、変化した自分がそのまま返ってきて言葉がしみ込むようです。重いメッセージもあるけど、紐をほどいて行くように自分も解かれていく過程が楽しいですね。




| kei | 2008/02/01 22:23 | URL | ≫ EDIT

keiさん、こんばんは。

>素朴な疑問なのですが、チャネリング詩は受け取る人によって、やはり違う表現になるものなのですか?チャネリング詩そのものの解釈はその時々で人それぞれだと思うのですが・・・とふと思いました。

チャネリング詩という言葉は他に存在しないと思います。いわゆるチャネリングとは全く違うなと思うし、メッセージも詩のような感じなので私が独自に名づけました。私が受け取っているメッセージを送る存在?は私にだけ送ってきていると思います。ただ、存在と書きましたが存在なのかどうかはわかりませんが、精神学の積さんはご存知みたいです。

| mayufuru | 2008/02/01 23:24 | URL | ≫ EDIT

まゆみさん、ありがとうございます。

なるほど。意味がわからないまま名前を使うのも差し出がましいかな、と思って聞きました。私は>いわゆるチャネリング~が読んでも心に響かず良く分かりませんでした。全く違うというのは、読ませて頂いて分かりました。チャネリング詩と、名前が無くても、きっと響く方には響く言葉なんだろうなと思います。
 >存在 そうなんですね。精神学の積さん・・・知らない方なので探してみます。

| kei | 2008/02/02 00:06 | URL | ≫ EDIT

keiさん、私のブログで紹介したものです。こちらでご覧ください。流れがわかるかと思います。

精神学
http://cocorofeel.exblog.jp/6665697/

光文書
http://cocorofeel.exblog.jp/6819383/

ひつく文書
http://cocorofeel.exblog.jp/7482710/

光文書(ヒカリモンジョ) 悪魔の復権
http://cocorofeel.exblog.jp/7764481/

| mayufuru | 2008/02/02 00:13 | URL | ≫ EDIT

おはようございます。ありがとうございます。全て読ませて頂きました。
分かりました。

 言葉を担うことということの意味は、今私が発する言葉はカミの言葉である。カミとともにいる、しかし、カミという名のつくものではない。そのような枠で収まるものではないなと、小さなころからずっと感じていました。しかし、ある時期に私は向かう道の途中で迷ってしまいました。引き戻してくださった方がいるので今の私があります。意味があって戻されたのだと理解しているので、思う方向へハタラキをしよう。そう思います。まゆみさん、言葉を伝えてくださってありがとうございます。ああ、嬉しいな。一人PCの向こうで喜んでいます(笑)

| kei | 2008/02/02 11:19 | URL | ≫ EDIT

keiさんなりに楽しんでくださいね。

| mayufuru | 2008/02/02 19:19 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://cocorofeel.blog.fc2.com/tb.php/855-59a2fb18

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT