PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

4100万人のアメリカ人の飲料水から医薬が検出


何箇所か飛ばした箇所もあるけれど気になる記事なので頑張って訳してみた。
嫌いな英語なので完璧ではありません。(ペコリ)
日本の厚生省の名前も出てくるので国内でも調査するのかな?


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/20/62/b0086362_1917184.jpg',179,119,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


『AP Probe Finds Drugs in Drinking Water 』

AP通信の調査で少なくとも4100万人のアメリカ人の飲料水から抗生物質、抗けいれん薬、精神安定剤と性ホルモンが見つかった。

これらの医薬品が水道水に含まれる量は非常に少量で都市の水道局では安全であると主張する。しかしこれほど多くの処方薬の存在、アセトアミノフェンとイブプロフェンのような一般用医薬品が飲料水に含まれていることは人間の健康に長期的な影響を与えると、科学者の間で心配が高まっている。APは24の主な大都市圏の飲料水から薬を見つけた。南カリフォルニアから、デトロイト、ルイビル(ケンタッキー)、北部ニュージャージーまで。

強く要求されない限り水のプロバイダーはめったに調剤の選別の結果を明らかにしない。例えば主要なカリフォルニア供給元のグループ代表は「市民が情報を解釈する方法を知らないので過度に心配するかもしれない」と言う。

どのように、薬は水に入りますか?

人々は錠剤を飲みます。体は薬物のいくつかを吸収します、しかしその残りがトイレに流されます。それが貯水池、川、湖に放出される前に廃水処理されます。水のいくらかは再び浄化されて消費者にパイプで送られます。しかし大部分の処理はすべての薬物の残りを取り除くというわけではありません。

最近の研究(一般大衆によって事実上気付かれないままだった)はヒト細胞と野生生物で警報を発する影響を見つけた。「私たちは高まる懸念について非常に真面目に受けとめています。」と米国環境保護局の水管理者は語る。

AP捜査チームのメンバーは数百もの科学報告書を調査し、飲料水データベースを分析し、環境研究施設と処理場を訪れ230人を超える職員、学者、科学者をインタビューした。さらに50の州すべての小さなコミュニティー水供給者と同様に50大都市、1ダースの他の主な水供給者を調査した。

ここにAPによって得られた重要な調査結果のうちのいくつかがある。フィラデルフィアの職員は扱われた飲料水の中に、56の医薬品と副産物を発見した。痛み、感染、高コレステロール、喘息、てんかん、精神病、心臓病の薬が含まれていた。63の薬品と副産物が都市の分水嶺で見つかった。反てんかん薬と抗不安性薬は南カリフォルニアの1850万人の飲料水の一部から検出された。

米国地質調査所の研究者はパセーイク・ヴァリー浄水場(ニュージャージー北部の850,000人)を分析、飲料水に含まれた狭心症薬と安定剤carbamazepineを見つけた。性ホルモンはサンフランシスコの飲料水で検出された。ワシントンDCと隣接した領域の飲料水は6つの製薬品の陽性反応がでた。抗生物質を含む3つの薬物がツーソン、アリゾナ州の飲料水の中で見つかった。状況ははるかに悪い。

連邦政府は薬に対していかなるテストも必要とせず水の安全基準を設定しなかった。連絡を受けた62の主要な水プロバイダーのうちわずか28がテストした。34はしなかった。900万人に水を提供するヒューストン、シカゴ、マイアミ、ボルチモア、フェニックス、ボストン、ニューヨーク市。

またAPの調査は分水嶺(国の給水の大部分の自然源)が汚染されていることを示す。テストは62の主要なプロバイダーのうち35の分水嶺で行われた。そして薬品は28で検出された。それでも28の大都市圏のうちの6は飲料水テストし続けないと言う。フェアファクス(バージニア)、メリーランドのモントゴメリー郡、オマハ(ネブラスカ)、オクラホマシティ、サンタクララ(カリフォルニア)、ニューヨーク市。

ニューヨーク州健康部とUSGSは州北部の水源で調査した。心臓医療、感染症、エストロゲン、反痙攣薬、安定剤、精神安定剤の集中する痕跡を見つけた。市の水当局はインタビューの度重なる要請を断った。声明で「ニューヨーク市の飲料水は、分水嶺と流通制度における飲料水品質に関するすべての規則を満たしています」と。

いくつかのケースでは市の水供給者あるいは地方水供給者の職員は薬が検知されていないとAPに伝えた。しかし、APは独立した研究者によって行なわれたテストの結果を得た。例えば、ニューオーリンズの水道局職員は薬に関して水がテストされていなかったと言う。しかし、チューレイン大学の研究者と彼の学生は扱われた飲料水に痛み止めナプロキセン、性ホルモンエストロン剤、反コレステロール麻薬副産物がclofibricな酸?と分かった研究を公表した。

ダラスの飲料水はテストされたが当局は結果を待っている。アーリントン(テキサス)は、医薬痕跡が飲料水の中で見つけられると認めたが薬を特定することを拒否する際に9/11セキュリティ懸念をあげた。APは、さらに25,000人に供給する52の小さな水供給者(ミズーリとテキサス)と連絡をとった。1以外はそれらの飲料水が薬のために選別されなかったと言った。エンポリア(カンザス)の職員はポスト9/11問題を引用してAPの質問に答えることを拒絶した。

ペンシルベニア州では、ストラウドWater Researchセンターがカフェインのためにニューヨーク市の州北部の分水嶺からの試水を測定した(科学者が他の製薬品ための信号として探す一般的な汚染物質)。多くのカフェインが郊外のサイトに検出されたが、研究者Aufdenkampeはそれほど多くが居住しない領域でさえ比較的高いレベルが出たと語る。彼は、それが失敗した汚水処理場から他の薬とともに漏れるのだろうと疑う。「腐敗するシステムは小さな処理場のため基本的に管理されず失敗する傾向があります。」とAufdenkampeが言う。

ビン詰めの水と家庭用ろ過浄水でも必ずしも防げるというわけではない。水の瓶詰め業者(或るものは単に水道水を包装し直すだけ)は薬品について交渉しないし調査しない。同じことは家庭用浄化水メーカーにもある。

汚染はアメリカ合衆国に限定されない。100以上の異なる医薬は世界中至る所で、湖、川、貯水池と流れで見つけられた。アジア、オーストラリア、カナダとヨーロッパ中の流れの中で薬が見つかった。スイスの湖と北海でさえも。例えばカナダでは、国立研究所のそばの20のオンタリオ浄水場に関する研究では、水サンプルに9つの異なる薬を見つけた。日本の厚生当局は、12月に7つの異なるサイトで飲料水の薬を発見した後に健康に与える研究を要求した。

アメリカでは問題は表層水に制限されません。薬はさらに帯水層に浸透します。深い地下(国の給水源の40パーセント)、埋めたて式ごみ廃棄、動物汚染物質の出所近くの帯水層から24の水を調査した科学者は、極小レベルのホルモン、抗生物質および他の薬を見つけた。おそらくそれはアメリカ人が薬を飲んでいたからです、そしてそれは増加する使用量で代謝されていないかまたは未使用でそれらを流しているか。過去5年間、国の処方箋の数は12パーセント上昇し、記録的な37億になりました。

「人々は薬物を摂取すると体が吸収し消えると思っています、しかし、もちろんそうではありません。」

若干の薬(広く使われているコレステロールファイター、精神安定剤と抗てんかん薬物を含む)は、現代の飲料水と排水プロセスに抵抗します。さらに、環境保護庁は特に医薬を取り除くように設計された下水処理システムがないと言います。1つのテクノロジー(逆浸透)は完全に医薬汚染物質を除去することができるが、大規模な使用のために非常に高価で、しかも数ガロンの汚染水を残す。

もう一つの問題として、塩素を加えることが若干の医薬をより有毒にするという証拠がある。

ヒトが汚染の唯一の元でありません。牛の成長ホルモン、ドイツの研究ではステロイドの10パーセントが動物から排泄されたことを示す。ネブラスカの飼育用地の下流でテストされた水はステロイド濃度が上流の4倍高く、下流に生息する雄の小魚には低レベルテストテスロンレベルと小さな頭があった。他の獣医薬も役割を果たす。ペットは、関節炎、ガン、心臓病、糖尿病、アレルギー、痴呆と肥満の治療を受ける。 時々、人間と同じ薬で。過去5年で52億ドルまで8パーセント上昇した。

給水の医薬汚染が問題になるかどうか製薬産業に尋ねてみてください、彼らはあなたにNOというでしょう。最近の研究で、少量の薬物がヒト胚腎臓細胞、血球、ヒト乳癌細胞に影響したことが分かった。癌細胞は速く増殖し腎臓細胞はゆっくり成長し血球は炎症に関連した生物活動を示した。

また水路の薬物は世界中の野生生物に損害を与えていると研究が示しす。雄の魚は女性化されている。一部の科学者は研究がとても制限されあまりに多くの未知数があると強調する。更に野生生物の記録された健康問題が混乱させると言います。少ない研究資金の中でシェーン・スナイダー(南ネバダ水研究開発プロジェクト・マネージャー)は「薬の影響に大きな重点を置かれるべきです。資金が人間の健康にほとんど使われていないことは恥であると思います。」と語る。

しかし科学界に高まっている懸念は、水が食糧と異なり、毎日かなり大量を消費されるのである薬(あるいは薬のコンビネーション)は数十年間にわたり人間を傷つけるかもしれないと。身体は比較的大きい1回の投与量に対しては大丈夫だが半世紀にわたり絶え間なく摂取されるわずかな量で苦しむかもしれない。おそらくアレルギー、神経の損傷、妊婦、年輩者、病人はより敏感かもしれない。長期低濃度に対する多くの懸念がある薬、強力な毒の役割をする化学療法、再生または開発を妨げるホルモン、脳か振る舞いを破損するてんかん薬、人間の細菌が危険な形式に変化することを可能にする抗生物質、鎮痛剤および血圧利尿薬。

数十年の間、連邦環境当局と非営利的な監視環境グループは、農薬、鉛、PCBなど明らかに健康リスクをもたらす汚染物質に集中した。しかし一部の専門家は、大部分の汚染物質と違い薬は人体に作用するために作られたものなので医薬が独特の危険をもたらすかもしれないと言う。「調合薬はまさに低濃度で特定の効果があることを目指している化学薬品です。」とロンドンのブルネル大学の動物学者ジョンは言う、

そして薬は安全であるようにと、使用される時間枠は通常月であって生涯ではない。医薬自体も副作用があり通常の服用でも他の薬と相互に作用することができる。調合薬は飲料水によって摂取するものではなく必要とする人に処方されるもの。「我々は飲料水を通して他人の薬の危険にさらされているということを知っています。それはよくはありません」とデイビッド・カーペンター博士は語る。

AP Probe Finds Drugs in Drinking Water
http://hosted.ap.org/dynamic/stories/P/PHARMAWATER_I?SITE=PASCR&SECTION=HOME&TEMPLATE=DEFAULT


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/20/62/b0086362_19182688.jpg',203,152,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


エジプトのパンをめぐっての暴動続報

パン危機に取り組むエジプト軍
深刻な不足に対処するために
エジプト大統領は軍にパンの製造販売を増やすよう命令した。
上昇するパン価格と腐敗は貧しい人々の争いと死を引き起こした。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/7300899.stm

ナイジェリア 
北部からの乞食になった多くの子供たちが
過去数か月間都市部に流れ込み子供たちの姿が急激に上昇した。
干ばつとイナゴの襲来で作物収穫が減り、価格も上昇。
トウモロコシの50k詰め袋は2倍に、雑穀は43%、大角豆は70%以上上昇。


英国 2月27日の地震時の発光現象の徹底調査をはじめる

ハワイ キラウエア火山 
96年間の火山観測初の無秩序の現象が起きていて
科学者にもそれが何を意味するのかまだわからないとか

環太平洋の活発さと関係あるのは間違いない

米国 中央部で16日から豪雨がはじまり
17日には暴風、豪雨、洪水、数百人が避難、数百の飛行中止、死亡者も
テキサス、ルイジアナ、アーカンソーに竜巻警報
テキサスからオハイオまで雷雨、洪水、鉄砲水
ダラス-フォートワースでは猛烈な雷雨、国際空港の管制塔1つも停止
ミズーリに豪雨予測

ごいんきょさんの掲示板で
レーダーに今までとは違うパターンが出てるとあったので気象操作だろうね


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/20/62/b0086362_1919151.jpg',106,62,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
テキサスの山火事は25,000 エーカー消失

http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/20/62/b0086362_19193189.jpg',100,75,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
カナダ ニューファウンドランド 冬の嵐

北半球の冬は各地で奇怪な現象がおきた。
米国は2001年以来12月~2月は最も寒く
ニューヨークのセントラル・パークは過去最高の雪
南東部の3分の2は極端な干ばつ
ヨーロッパ、スカンジナビアの国々は記録的な暖かさ
中東と中国は北極のような寒波


■島根原発 活断層20キロ超 中国電再評価「補強含めて検討」
島根原発(松江市)の南を走る宍道断層(鹿島断層)について、中国電力は
19日、これまで10キロと評価してきた活断層の長さを、約2倍の20キロ超に
修正する方針を明らかにした。

電力各社は現在、国の新たな耐震指針に基づき、原発の安全性を再評価中。
中国電力は20キロでも島根原発の耐震性に問題はないとの立場だが、「補
強工事が必要かどうかを含め、あらためて検討する」としている。

専門家によると、活断層が長いと大きな地震が起き、20キロの長さならマグニ
チュード(M)7程度の地震が想定されるという。

■国内 CO2排出、最大13%削減=負担52兆円に

■30分毎に女性1人が殴り殺されているロシア
国連のデータによると、ロシア人女性の実に90%以上が、夫や恋人から
殴る・蹴るなどの暴行を加えられており、35分に1人の割合で女性が死亡している。
DV被害女性の約半数が、救済施設に助けを求めていないことも明らかになった。

■ワニの口こじ開け、食われていた娘を自力で救った母
インドネシアのスマトラ島でワニに飲み込まれそうになった娘を母親が救助
25歳の娘トリスナさんの叫び声を聞き母親は川に飛び込み裸足でワニの側頭部を
キック。ワニはトリスナさんの腿をくわえて離さない。そこで母親はワニの上あごと下
あごをつかみ、力任せにこじ開け無事脱出、母親も太ももを50針縫う大けが。
関連記事

| 未分類 | 19:29 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

まゆみさんの情報収集力には本当に脱帽です。循環の輪が転化してしまったなんて・・。最近魚やに行っても買いたい魚がないのはこんな現象も含めて海の状態が悪化しているのを無意識に感じとているのかもしれないと思いました。これを日本の報道機関が大きく取り上げてほしいですね。真の報道の意味が問われる時。

※「あおいじかん」はわたしのお気に入りで、読み返す毎に新しい情報が伝わってきます。新しい本も楽しみにしていますので!

| mama@ | 2008/03/21 07:05 | URL | ≫ EDIT

mamaさん、おはようございます。

ごいんきょさんのところでも簡単に紹介されていたので、載せようか迷ったのですが載せるなら詳しい内容と思い頑張って訳してみました。記事にと思って保存してあっても翻訳が面倒でつい遅くなってしまいます。汚水処理のことは昔から気になってましたがこうやって数値で出てくるとぞっとしますね。いくら自然な食事を心がけていてもまさかという感じですね。私のように薬アレルギーがあるとなおさらです。日本は調査しているのか?そしてどこまで公開するのか。

| mayufuru | 2008/03/21 11:04 | URL | ≫ EDIT

yasuさんのぱぴる文庫から出すチャネリング詩集総合版はようやく校正が終わり色調整も終わり、数日で印刷に出せると思います。4月のはじめには発売できると思います。一部省いたものもありますが「マヤ暦」を入れて全部で105になりました。表紙のデザインはヒオキさんに機械操作やってもらいながら私がやりました。チャネリング詩集総合版のタイトルにも「青」の言葉を使いましたよ。

チャネリング詩集総合版に結構お金がかかってしまったので、当初予定していたもっと手軽に読める本(エッセイと詩とブログの記事を取り混ぜたような本です)はもう少し先になりそうです。

| mayufuru | 2008/03/21 11:13 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://cocorofeel.blog.fc2.com/tb.php/957-18bf864c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT